N-YAN 鉄旅&アジア旅

大阪在住の45歳タクシー乗務員(世を忍ぶ仮の姿)が常識の限界に挑む(?)長期の旅に出たりします。

香港・中国旅行記 2019新春 Trip in Hongkong&China 広州蓮花山港から市内へ【N-YAN旅行記】 #005

中国旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

香港旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村 ↑ぽちっとな、お願いします!

★本日の動画↓

www.youtube.com

↑↓サムネの文字は共産党プロパガンダ風に仕上げてみました。気づきました?

f:id:N-YAN:20190122090213j:plain

蓮花山港の入国は乗客が少ないだけに速攻で終わり、追い立てられるようにして無料シャトルバスに押し込まれます。
番禺区主要部へ向かう人は「A線」に乗って「番禺广场」や「番禺宾馆」などで降りるのがお勧めです。
(この動画では「番禺广场」で降りてタクシーに乗り継いでますが、「番禺宾馆」まで行った方がよかったかもしれません。)

f:id:N-YAN:20190122090232j:plain

シャトルバスD線はなんと広州東駅まで行ってくれるみたいです!

本シリーズを通してどうしても移動の場面が多くなってしまいますが、一応「交通系you tuber(?)」を自認していますので、ご了承下さい。

f:id:N-YAN:20190122090554j:plain

↑同じく甥に買っていった広電のレトロ車両。わっかんねぇだろうなぁ~。

f:id:N-YAN:20190122090651j:plain

泊まった銀座ホテルの朝食。

f:id:N-YAN:20190122090731j:plain

衛生状態は「お察しレベル」ということで・・(「A級:良好」マークを見たことがありませんw)。

f:id:N-YAN:20190122090850j:plain

中国ではいまだに社会の隅々までWIN-XPが大活躍中。メンテは大丈夫かって?いやいや、ハナから「正規版」なんて入れてるわけないすからwww。(壊れたら「自力で治す」のが中華風w。)

-------------

※途中、広州地下鉄3号線の末端区間を逆方向に乗ってしまいましたが、下記JRの旅客営業規則を援用して、「無賃送還」が妥当と思われます。

***
■第2編 旅客営業 -第7章 乗車変更等の取扱い -第3節 旅客の特殊取扱 -第6款 誤乗及び誤購入第6款 誤乗及び誤購入
(誤乗区間の無賃送還)
第291条
旅客(定期乗車券又は普通回数乗車券を使用する旅客を除く。)が、乗車券面に表示された区間外に誤って乗車した場合において、係員がその事実を認定したときは、その乗車券の有効期間内であるときに限って、最近の列車(急行列車を除く。)によって、その誤乗区間について、無賃送還の取扱いをする。
2
前項の取扱いをする場合の誤乗区間については、別に旅客運賃・料金を収受しない。

本編動画UP第4弾 香港・中国旅行記 2019新春 Trip in Hongkong&China 広州蓮花山港への船旅【N-YAN旅行記】 #004

中国旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

香港旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村 ↑ぽちっとな、お願いします!

★本日の動画↓

www.youtube.com

↑タイトルとサムネの女の子は関係ありません。いわゆる「サムネ詐欺」ってヤツですね、はいw。

香港から広州に向かうのに、一番マイナーで一番優雅で一番快適なのがこのフェリーかもしれません。但し、値段が高く、便数が少なく、かつ到着する港が広州市中心からかなり南に位置するので、広州市内に行く場合は若干不便かもしれません。 今回について言えば、泊まった宿から中港城が近かったのと、降りる蓮花山港が目的地の番禺区にあること、そしてなにより大荷物でも悠々運べたので、フェリーにして大正解でした。 このフェリー、恐らく高鉄の開業の影響でかなりの客を取られた模様です。同じような切符代、離発着のポイントが双方近い、それでいて所要時間は倍以上かかる・・・とくれば大荷物の客か余程の船マニアしか乗ってこないでしょう。しかも高鉄の広州南行きは1時間に数本出ているのに対し、このフェリーは1日5~6便程度しかないのですから、正直競争になりません。

f:id:N-YAN:20190121114944j:plain

↑後日紹介する「九廣通(ktt)」などのホンハム~広州東間直通の鉄道は当面残るでしょうが、このフェリーはより民間運営度が高い会社の運営のようですので、赤字が続けば撤退してしまう可能性もあります。今後の動向に注目です。

f:id:N-YAN:20190121115025j:plain

佐敦(ジョーダン)にある茶餐庁。なかなか当りでした。茶餐庁は地元の暇なオッサンが暇つぶしで行くところなんで「喰いもの重視」というより「居心地重視」だったりしますw。

f:id:N-YAN:20190121115234j:plain

ド定番のアイスミルクティーピータン粥。他の種類もいろいろ冒険しましたが、結局これが一番、というのはNーYAN的結論。

f:id:N-YAN:20190121115350j:plain

甥っ子に全くお土産を買っていなかったので急遽購入。大人には趣のあるものですが、甥っ子には「なんでこんなツマラナイもの買ってきたの?」とド直球で返されてしまいましたw。小学生にはこの味わいは分からんよなぁ・・。

f:id:N-YAN:20190121115543j:plain

許留山店内でつい目が行ってしまった女の子。自撮りの最中です。なんならプロyou tuberのおじさんがプロ用機材で動画撮ったげようか?(完全に変態オヤジ暗黒面に堕落・・)。

f:id:N-YAN:20190121115747j:plain

動画中でも語っていましたが、香港植民地文化の残り香とも思える等級制。2階にある一等席の方が若干眺めはいいでしょうが、座席はほぼ同じです。せっかく空いているのだし、もっといい座席を入れてシートピッチを広くせーよ!って思ってしまうのはアジア人気質なんでしょうか・・。ヨーロッパ人的な思考法では「折角空いている一等席に乗りたいと思っても一等の設備がよかったら、下々の貧民どもが奮発して切符を買って乗り込んでくるかもしれないじゃないの。同じ設備にしておけば、一等には確実に富裕層だけしか乗ってこないでしょ?」ということなのかもしれません。

もっともこの日は二等も充分空いていましたので、一等代金分だけ無駄金だったかもしれませんね。

 

 

本編動画UP第3弾 香港・中国旅行記 2019新春 Trip in Hongkong&China 広州行きフェリーの切符を購入【N-YAN旅行記】 #003

中国旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

香港旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村 ↑ぽちっとな、お願いします!

★本日の動画↓

www.youtube.com

f:id:N-YAN:20190121081056j:plain

すさまじい勢いで広東語をまくし立てながら切符を売ってくれる窓口嬢たち。隣町まで行く渡し舟に乗るにも身分証提示が必須な(『人民を見たらテ○リストと思え!』)某「バカ国家」もぜひとも見習って頂きたい!ただし、そもそも窓口ではなく、券売機をもっと並べてはいかがか?とも思いますw。

f:id:N-YAN:20190121081021j:plain

珠海,莲花山,南沙,マカオ(タイパ)・・・は分かるのですが、順徳とか中山ってどのあたりに船が着くのでしょう?一度乗ってみたい航路。折角なら外洋走って厦門や基隆あたりまで行ってくれないかなw?

f:id:N-YAN:20190121080957j:plain

f:id:N-YAN:20190121080924j:plain

おなじみ「優の良品」。

このフェリーターミナルの3Fにいくつか屋台風の食べ物屋さんがあって重宝していたのですが、いつのまにかなくなっていて悲しい・・。

本編動画UP第2弾 香港・中国旅行記 2019新春 Trip in Hongkong&China 関空→香港【N-YAN旅行記】 #002

中国旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

香港旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村 ↑ぽちっとな、お願いします!

※速報的にUPしました「完全未編集版」の公開は終了しました。多くの★を頂き、まことに有難うございました。これからは引き続き本編をお楽しみに。

***

★本日の動画↓

www.youtube.com

まず旅行中に超速報版の写真をUP、その後完全未編集版の動画UP時に再度記事を書き、そして「3匹目のドジョウ」がこの本編の記事になります。
基本的にはこの本編版がN-YANの「永久保存版・正統日記」になりますので、そのつもりで(って、誰に向かって語っているのか?もはや)・・・。
といいつつ、同じようなネタ写真を使っても全く違った切り口で3~4回は記事を書く自信はございます。

f:id:N-YAN:20190118160848j:plain

 さて、以前の動画でも入れずじまいだったぼてぢゅうさん。プライオリティーパス持参で3400円までだかダータで飲食できるとあって、17時前でこの行列です。ワタクシ思うに、ぼてぢゅうさんでまともに自腹で支払って飲食してる人ってどのくらいいるんですかね??他の店舗がかなり空いている17時までにこれだけ長蛇の列が出来ていたら普通はパスしますよね?これだけの行列をもろともせずに待つのはやはりほとんどがプライオリティーパスホルダーではないかと思えてなりません。

だいたい、世の中のいろいろな特典の中で「3400円までの飲食がさくっと完全無料になる」っていう特典ってありますかねぇ?↓のKALラウンジさんでの軽食だって、せいぜい数百円程度。その程度の特典でもかなりの人が利用するのです。ましてや、ぼてぢゅうの特典にはアルコール類の消費も当然含まれます。他の飲食物に比して法外に高い値段を取られるアルコール類をかなりの金額まで心行くまで飲めるのですから、こら呑んべえにはこたえられない特典です。恐らく、フライトのかなり前の時間からやってきて、事実上の「飲み会」を兼ねているグループも多いのではないでしょうか?

f:id:N-YAN:20190118160430j:plain

 関空のラウンジの貧弱さは↑のKALラウンジさんの状況を見れば分かります。KALさんが悪いのではなく、なぜANAJAL、もしくはKIXプロパーのラウンジをもっと拡張しないのでしょうか?エアロプラザにある広大なスペースの無料休憩場所を削れば香港のランドサイドにある「プラザ・プレミアムラウンジ」のようなスペースはいくらでも作れるはずで、ぼてぢゅうやKALに押し付けることなくプライオリティーパスホルダーを収容できると思います(深夜時間帯は一部のソファーを貧民達、もとい、関空で夜明かしする人に開放してもいいし・・)。

伊丹との経営統合で前向きな「稼げる空港」に変わったのでしょうから、ラウンジに関してももう少し世界に恥ずかしくないような施設にして欲しいものです。そしてぼてぢゅうやKALラウンジを本来の姿での利用状況に戻すべきでしょう。

また、プライオリティーパスを便利に使い倒しておいていうのもなんですが、ラウンジ利用というのはある程度の「社会的ステータス」であるべき。我々が利用するときも奮発してビジネスに乗る時にやっと利用できる、というレベルのものであるべきです。

然るに、プライオリティーパス利用ラウンジも、各カード会社のゴールドカードラウンジも、各カード会社の「ばらまき政策」のせいで、利用者があふれかえっています。

排除されるべき貧困層に完璧に入っているワタクシからみても今のラウンジ利用権のばら撒きは異常で、しかるべき層の人がもっと落ち着いて使えるようにすべきでしょう。事実、同じプライオリティーパス利用ラウンジに属する中国国内線のファーストクラスラウンジは良くも悪くも「お金持ち向け施設」でかなり静かで落ち着きます。日本や香港の「ラウンジ安売り」は見直すべき時でしょうね。

いよいよ本編動画をUPします!『香港・中国旅行記 2019新春 Trip in Hongkong&China 関空に到着 【N-YAN旅行記】 #001』

中国旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 中国旅行(チャイナ)へ
にほんブログ村

香港旅行: にほんブログ村 旅行ブログ 香港旅行へ
にほんブログ村 ↑ぽちっとな、お願いします!

※速報的にUPしました「完全未編集版」の公開は終了しました。多くの★を頂き、まことに有難うございました。これからは引き続き本編をお楽しみに。

***

★本日の動画↓

www.youtube.com

全国85人(2019/1/18現在)のNーYANchファンの皆様、お待たせしましたw!
NーYAN動画の新作、新オープニングを携えていよいよUPです。
先日来、「完全未編集版」という「固めるテンプルブン投げバージョン」という非常に乱暴な編集スタイル(水曜どうでしょうのヒゲも真っ青w)でお送りしてきましたが、あれはあくまで速報版ですので、本編作品はこちらをご覧下さい。
とはいえ「アジア旅」を一枚看板にしている本chですが、今回はまだまだ関空に着いたばかり。アジアへの道のりは意外と長いのです・・。次回は香港に着くでしょう。

f:id:N-YAN:20190118002514j:plain

動画中では短時間で把握できなかった方も多いでしょうから、問題の検証の部分を以下に再掲します。


南海バス阪和線
河内松原15:00発→15:25頃着(阪和線堺市)15:34発

関空16:16着
運賃:1210円(鉄道より▲110円)

近鉄南大阪線阪和線
河内松原15:07発→15:17着(大阪阿部野橋/天王寺)15:25発→(堺市15:34発)→関空16:16着
運賃:1320円

※いずれも日祝ダイヤ。

タイミングや渋滞状況によっては、鉄道の方がやっぱり早かった、という結果にもなるかと思いますが、運賃が110円安いのはなかなか優秀。また、松原始発ですので、堺市駅まではまず着席確定というのも高ポイントです。

近鉄南大阪線の布忍(ぬのせ)あたりから分岐して、阪和線堺市まで鉄道が走ってればなぁ・・・と思うばかりです。双方とも狭軌(1067mm)ですので、場合によっては南大阪線関空の直通列車なんてのも走れるかも・・・と鉄ならではの夢想をしてしまいます。

 

追憶の旅~2014年5月「北海道リベンジの旅(後編)」

★本日の動画↓

www.youtube.com

こちらもyoutuberデビューの遥か前、古いコンデジルミックスで撮った動画の寄せ集めです。
この旅は直前にも道南を一週間ほど旅行しており、早春で最高に気持ちがいい北海道をまだまだ去りたくなかったのですが、GWの混雑に巻き込まれるのが嫌で一旦神奈川(当時)の自宅に戻った後に再度出かけたものです。
ですので「北海道リベンジの旅」と名付けました。内容的には稚内~釧路~川湯温泉富良野登別温泉という道東中心の旅でした。
釧路湿原ノロッコ号を満喫した後、釧路から特急おおぞらで札幌に戻る予定だったのですが、その前を走る「タラコ」ことキハ40に飛び乗ります。さて、特急には乗り換えできたのでしょうか・・?
全開の窓から吹き込む初春の北海道の風。世の中にこんな天国並みに贅沢な列車は他にあるでしょうか・・。

f:id:N-YAN:20190115201028j:plain

新得行き単行ディーゼルカー」なんともそそる言葉ではないですか!w

f:id:N-YAN:20190115201140j:plain

短命に終わった白糠線の路盤は後ろのほうかな?

f:id:N-YAN:20190115201254j:plain

季節はずれのせいか、イマイチ盛り上がりに欠けた富良野

f:id:N-YAN:20190115201352j:plain

昭和新山はなかなかの迫力でしたが、駐車場が高いので写真を撮ったら即退散!

f:id:N-YAN:20190115201906j:plain

登別に向かう坂道の途中にあったそば屋さん。今回の旅ではおいしいそばに恵まれました。

追憶の旅~2014年5月「北海道リベンジの旅(中編)」


★本日の動画↓

www.youtube.com

こちらもyoutuberデビューの遥か前、古いコンデジルミックスで撮った動画の寄せ集めです。
この旅は直前にも道南を一週間ほど旅行しており、早春で最高に気持ちがいい北海道をまだまだ去りたくなかったのですが、GWの混雑に巻き込まれるのが嫌で一旦神奈川(当時)の自宅に戻った後に再度出かけたものです。ですので「北海道リベンジの旅」と名付けました。内容的には稚内~釧路~川湯温泉富良野登別温泉という道東中心の旅でした。
今回の旅のメインイベントである釧網本線の湿原ノロッコ号に乗車です。北海道の中でまず来たかったのがこのポイント。湿原はまだ時期が早く冬枯れの様子でしたが、空いていて快適でした。
その後、摩周湖、不気味な砂嘴が広がる野付崎、川湯温泉屈斜路湖など道東の見所をレンタカーで巡りました。
後編の動画でも述べていますが、この時点では富良野に行く予定もなく、ましてやこの旅行の数年後に根室本線の東鹿越~新得間が不通になり、今後の復旧も厳しいまま廃線になるかも・・という状況など知る由もありません。あのままタラコに乗り続けて新得に行き、そのまま富良野に抜けていれば・・と後悔してもあとの祭りです。やはりローカル線は「乗れる時に乗れ」が鉄則です。

f:id:N-YAN:20190113152353j:plain

木のぬくもりを感じる車内。

f:id:N-YAN:20190113152443j:plain

太平洋炭鉱というのがこの時代のキーワード。

f:id:N-YAN:20190113152533j:plain

塘路で折り返し。

f:id:N-YAN:20190113152623j:plain

「竹老園」とルーツを同じくすると思われるそば屋が釧路市内には多数。ここは竹老園よりはるかに安くて美味しかったです(市役所のすぐ近く)。

f:id:N-YAN:20190113152758j:plain

水曜どうでしょうの「潟湖、砂洲、砂嘴、陸繋島~」体操でおなじみ、砂嘴の代表格の野付崎。トドワラというひたすた不気味な光景が広がります。

f:id:N-YAN:20190113152959j:plain

このような地形。津波に襲われたらひとたまりもないな・・とひやひやしながら運転していました。

f:id:N-YAN:20190113153531j:plain

画像でははっきりしませんが、国後島は肉眼ではっきり見えます。

f:id:N-YAN:20190113153635j:plain

霧の摩周湖、霧が立ち込めると見えないし、霧がなければないで物足りない?

f:id:N-YAN:20190113153742j:plain

川湯温泉の旅館にてバーチャル名人戦を対局中のNーYAN名人w。

f:id:N-YAN:20190113153843j:plain

屈斜路湖で撮ったこの一枚がこの旅のベストショット。ちょっとかっこいい?w

f:id:N-YAN:20190113154340j:plain

屈斜路湖を見下ろす「美幌峠」。「最寄の駅」石北本線の美幌までは28km(!)。